土地家屋調査士・行政書士に関するよくある質問

共有の場合、持分はどうして決めるの?

通常の場合、建物の建築費用を出した割合によって持分を決めます。出し合った費用に対応した持分にしなかった場合には税金上などで問題になることがあるので気をつける必要があります。

▲PAGE TOP

既存の建物と同じ敷地内に、車庫や物置などの建物を新しく建てた場合は?

既存の建物(主たる建物)と同じ敷地内に、主たる建物に付随する用途で使用される建物を新しく建てた場合(所有者が同じ)は、「建物表題変更登記」で申請することができます。この場合、主たる建物の登記簿謄本内に、付随する建物の表示がされます。

▲PAGE TOP

建物が建ってから1年以上がたつけど、登記をする必要があるの?

建物を新築し、その建物に住所を移転してから1年以内であれば、登記に必要な登録免許税が減税されます(通常は家屋の評価額の1000分の4ですが、減税されると評価額の1000分の1、5になります)。そのため、新築した際は1年以内に登記をすることをお勧めしますが、新築から1年以上が経過した段階でも、建物の現況、所有状況を明らかにするために登記をする必要があります。

▲PAGE TOP

軽微な増築または一部取り壊しでも建物表題変更登記をする必要があるの?

軽微な増築・一部取り壊しの場合でも、床面積が増減したり、屋根を葺き替えて構造が変わった場合など建物表題変更の登記をする必要があります。

▲PAGE TOP

所有者が既に亡くなっている場合は?

相続人のひとりから滅失登記をすることができます。その場合、所有者の相続人であることを証する書面(戸籍など)が必要になります。

▲PAGE TOP

田畑をやめて駐車場にしたいのですが?

土地の用途を変更すると1ヶ月以内に地目の変更をしなければなりません。この場合地目【田】または【畑】から駐車場(登記用語で雑種地)に変更することを要します。ただし自分の土地だからといって田や畑の場合何をしてもよいわけではありま せん。事前に各市町村役場の農業委員会に駐車場にしたい旨の届け出をしましょう。

▲PAGE TOP

隣り合う2つの土地を所有しており、1つの土地としてまとめたいのですが?

登記記録(登記簿)の表題部の所在,地目が同じで,権利部の内容が同一等の条件が満たしていれば,合筆登記を申請することにより,1つの土地にまとめることができます。複数の土地を1つの土地にまとめたいときに、数筆の土地を1筆の土地にまとめる登 記のことを「土地合筆登記」といいます。

▲PAGE TOP

所有地を一つにまとめて売却したいのですが、どうしたらいいのでしょうか?

複数の土地を一つの土地とする「合筆」(ごうひつ)登記を申請します。複数の土地を1つの土地にまとめたいときに、数筆の土地を1筆の土地にまとめる登 記のことを「土地合筆登記」といいます。ただし、所有者が同じ、地目が同じなど合筆できる条件があります。

▲PAGE TOP

農家じゃないけど、農地を買えるの?

非農家のひとが耕作を目的として農地を売買する場合も農地法3条により農業委員会の許可が必要になり、その許可要件を満たす必要があります。許可要件としては、申請する農地の取得後の農地面積が50アール以上であること(都府県)、農作業に年間150日以上従事していること等があります。新規就農の促進を図る一方で、限りある農用地を効率的に活用するために、このような許可基準が設けられています。

▲PAGE TOP

農地法の許可を受けないで農地を売買したらどうなるの?

農地法の許可を受けずに農地の売買契約をして代金を支払い、農地の引渡しを受けたとしても、農地法の許可がなければ所有権移転登記ができず、買主には所有権が移転されません。また、農地法違反として罰則が課される場合があります。

▲PAGE TOP

自分の農地に家を建てるときも許可が必要なの?

自己が所有する農地に家を建てる場合も、農業委員会の許可が必要なります。この場合は、農地法4条の許可が必要です(市街化地域の場合は農地法4条の届出)。

▲PAGE TOP