裁判業務・成年後見について

判断能力が低下して今後のことに不安を感じる

判断の能力に不足が生じている方の権利を保護するための制度として、本人の意思能力の欠けている程度に応じ、「成年後見」「保佐」「補助」の三種類の制度が法律で用意されています。

これらの制度は、本人の判断能力の状態に応じて、法律で定められた方の申立により、本人の住所又は居所を管轄する家庭裁判所において選任決定してもらうもので、「事理を弁識する能力を欠く常況にある者」には、「成年後見人」が、「事理を弁識する能力が著しく不十分である者」には、「保佐人」が、「事理を弁識する能力が不十分である者」には、「補助人」が選任されることになります。

判断能力が低下して今後のことに不安を感じる

▲PAGE TOP

今後のことに不安を感じるときによくある質問

▲PAGE TOP

成年後見に関する司法書士報酬および料金のご案内

人生何があるかわかりません。どんな状況でもご自身の財産を守れるよう成年後見・任意後見を活用しましょう! 成年後見・任意後見は精神上の障害により生活に支障をきたす方のために代理人が代わりに財産管理する制度です。成年後見は精神上の障害が発生したときに利用する制度で、任意後見は精神上の障害が発生する前に予め契約する制度です。どちらも、障害発生後、家庭裁判所が手続きに関りますので安心できる制度です。

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。また、静岡市清水区以外への出張については、出張料が加算されます。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
成年後見の申立 100,000円〜 ■難易度により加算
後見事務報告書の作成 30,000円〜
後見事務終了報告書の作成 30,000円〜
後見事務終了登記 12,000円〜
特別代理人選任申立 50,000円〜

▲PAGE TOP