相続関係調査から将来の相続対策まで

相続人が未成年のときは

相続人が未成年のときは、原則その親権者を代理人として、未成年者を含む相続人全員の間で遺産分割協議をする必要があります。

相続人が未成年のときは

▲PAGE TOP

相続人が未成年のときによくある質問

▲PAGE TOP

相続に関する司法書士報酬および料金のご案内

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。また、静岡市清水区以外への出張については、出張料が加算されます。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
相続による所有権移転登記※1 60,000円〜 ■登録免許税:不動産評価額の4/1000
■相続調査料は別途加算
■相続人の人数、不動産の数が増すごとに加算
遺言書作成(公正証書) 50,000円〜 ■遺言者の財産価格により加算
注)公証人への報酬は別途支払いが必要
遺言書検認手続 30,000円〜 -
相続関係調査
(相続証明書)

戸籍謄本等の職務上請求

1通につき2,500円〜
戸籍謄本1通450円
除籍・改製原戸籍1通750円
住民票1通450円
名寄帳1通450円
相続関係説明図作成 5,000円〜 ■相続人の人数により加算
遺産分割協議書作成 10,000円〜 ■協議内容の難易度により加算

※1登記申請手数料及び相続関係説明図・遺産分割協議書の作成を含む。

▲PAGE TOP